シャープニング実習☆

9月も始まり、学生たちも元気に登校していますよ


今回は2年生の行ったシャープニング実習の紹介です

図3


「シャープニング」というのは、歯石を取る器具(スケーラーといいます)の刃を磨くことです

包丁も定期的に研がないと切れ味が悪くなるように、

スケーラーもちゃんと手入れをしないと、上手に歯石が取れません

上手にシャープニングすることは、歯科衛生士にとって、とても大事なことなんですよ

簡単に「磨く」といっても、スケーラーの刃先はとても小さいんです

図4

このマル○の部分が刃先です。小さいでしょ

拡大すると左のようになっていて、カーブしているので、微妙な力加減とテクニックが必要です

図5

でも患者さんに、苦痛を与えないためには、器具の手入れはとても大切

学生も真剣です



今回、実習をしてくださったのは、ヒューフレディーの歯科衛生士さん

図6

手を取ってとても丁寧に教えて下さいました


最後には、一人一人終了証をもらいました

図8

図9

ひとつひとつ技術を覚えて、自分のものにしていきましょうね

図10

スポンサーサイト